当サイトはiPhone/Androidスマートフォンでプレイできる女性に人気の恋愛シミュレーションゲームを紹介しています。iPhone/Androidスマホ向けの無料恋愛ゲームを詳細解説付きで掲載しています。 当サイトのご利用には、iOS/Android端末をご利用ください。PCでご覧の方はページ最下部にQRコードを掲示していますので、スマートフォン端末でアクセスしてください。



このページはPC/タブレット/スマートフォン共通です
▽本ページにアクセスできるQRコードはコチラ

関連ニュース・新着情報


恋愛ゲームとは?

恋愛ゲームとは、女性向けの恋愛をテーマにしたシミュレーションあるいは、キャラクター育成型恋愛疑似体験ゲームを指し、 物語に登場する男性キャラ~ほとんどの場合イケメン~との恋愛を擬似体験する物語形式になっています。利用は有料の場合と無料の場合があります。

恋愛ゲームは何社かのゲーム制作会社から供給されていますが、最大手とも言える「ボルテージ」は、携帯時代から女性向けの恋愛ゲームに特化し、数々の人気作品を送り出してきました。

携帯時代には1~2週間に1本という驚異的なハイペースで新作を発表し、そのうち人気を得たタイトルがスマホ対応されて現在も高い人気を博しています。


公式サイト版とアプリ版

携帯時代は、ほとんど全ての有料恋愛ゲームは、携帯電話会社各社の公式サイトとして運営・提供されていました。

これは、携帯電話会社が料金収納を代行することができる(収納代行)ので、課金方法として最も確実で容易な方法だったからです。

しかしスマホ時代になると、公式サイトと並んで、Android端末にはGooglePlayストア(初期はAndroidマーケットと呼称)、iPhoneやiPadはAppStore(アップルストア)という、携帯電話会社の運営ではないストアでアプリを入手することが不得手きました。

どちらが良い/悪い、あるいは得か損か…というのはよく論じられることですが、私的にはあまり意味はないと思います。公式サイトには月額費用で利用できたり、クレジットカード等を使わなくても利用料金を支払えるなどのメリットがありますし、アプリは1度購入したら、その金額内でアプリの全てのコンテンツを利用できる…などメリットがあります。

逆に、毎月毎月数百円とはいえランニングのコストがかかる…というのはNGという方もいますし、アプリはスマホにアプリをインストールするので、たくさんのアプリをDLするとスマホの動作が鈍くなるなどの弊害がNGという方もいます。

つまり、公式サイトには公式サイトなりのメリットもデメリットもあり、ストアアプリにはストアアプリなりのメリット/デメリットがある…ということです。

いずれの方法を選ぶのかは、ユーザーがどういう使い方をするかによりますし、ユーザーが何を重視するかよっても答えは違ってきますので、ご自身なりの選択基準を見極めることが重要ではないかと思います。ちなみに私自身は、公式サイトの方が少し多い感じで利用しています。

最近はストアアプリは無料化の方向に推移しているようです。ゲームの一分が無料…といおうのではなく、最後まで無料でプレイできるゲームが増えています。ゲームをより楽しく有利にする有料アイテムが販売されており、それらを使うことでゲームの楽しさがアップするのは確かですが、アイテムを一切購入せず、最後まで無料でプレイすることも可能なゲームが増えています。


お勧め情報

Android版とiPhone版そしてタブレット

スマホは大きく分けると、Andoid OSを使用して携帯電話メーカー各社が開発・発売しているAndroid端末と、アップル社が開発・販売しているiOS搭載のiPhoneとに分けられます。さらに、各々のOSを搭載した画面の大きいスマホ~タブレット端末があります。

ボルテージはAndroid向け、iPhone向けいずれも配信していますが、どちらかというとAndroid向けが多め、ジグノシステムはほとんどがiPhone/iPad向け、また無料SNS~GREEやmobageで利用できる恋愛ゲームの場合は両方のOSに対応しています。

タブレット対応に関しては、若干iOSの方が進んでいるかもしれません。恋愛ゲームに限らず、iOS搭載であれば小型のスマホ(iPhone)でも、大きなスマホ(iPad)でも利用できるようになっています。Androidの場合は、利用できるかどうかの記載さえないケースもあるので有料アプリをタブレットで利用したい場合は注意が必要です。

画面サイズの点で言えば、小型のスマホ(つまりタブではない)であってもかなり大きな液晶を備えているAndroid機の方がスチルや動画などの迫力は上です。どちらがいいか…、配信メーカーの好みや画面の大きさや操作性などで選んでみてください。


ご利用前に必ず確認すべきこと

恋愛ゲームに限らず、全てのゲームやアプリを利用する上で必ず確認しべきことがあります。

それは「対応機種」です。

そのゲームがこれから利用しようとしている端末に対応しているか…は非常に重要です。

従来からの公式サイトに慣れていると、端末を識別して「お使いの端末には対応していません」等の表示で、無駄な利用申し込みをさせないようにしてくれる公式サイトと異なり、ストアアプリは、説明文に記載の対応端末を自ら確認して利用するため、うっかり公式サイトのつもりで購入しダウンロードしてしまう…というケースが少なからずあるようです。

Googleにせよ、Appleにせよ、説明文をちゃんと読まずに対応していない端末で購入してしまった場合でも、返金等の対応はまずしてくれません。それらの事柄は利用者の責任において確認するもの…というルールになっているからです。

日本のサービスはきめ細かく、親切で、わかりやすいですが、海外と基本的に共通のルールで運営されているPlayStore/AppStoreは、自己責任の比率が大きいというか、その方が世界標準なのですが、うっかりミスについて厳しい対応となっているようですので、十分に注意が必要です。

必要以上に恐れることはありませんが、最低限、今持っている端末が、購入しようとしているゲームが使えるのか、使えないのか…ぐらいは自己責任において確認するようにしてください。


オタク史上拡大中!?~陽子'sコラム

人によっては、恋愛ゲーム愛好者の女子を「オタク」という括りにすることには異存がある人も少ないないかもしれないけれど、こと経済に関する場面では、美少女大好き男子と同じ括りで「オタク」分類されるのが常であるようだね^^;

よくテレビの特集なんかでも、オタク文化について報道される機会も増えているけれど、それってやっぱり人口が増えていることに他ならないと思うの。先日の滝クリの件なんかでも視点の偏りは別にして、一般のニュース番組で取り扱われること自体が裾野の広がりだと思うの。

そんなことを裏付けるかのように、先日、こんなニュースを見かけたのでちょっと報告。2011年のオタク市場を分野別に見たとき、いわゆる恋愛シミュレーションについては前年度比30.4%増の146億円、オンラインゲーム市場規模は前年度比29.2%増の3,868億円ってことで、いずれも前年比で3割ぐらい増加したんだって。

理由は、モバイル端末向けゲームが開発されたことや、SNS内のソーシャルゲームなどが人気を呼んだことなどによるらしい…。まあ確かに、携帯~スマホの恋愛ゲームは衰えることのない人気カテゴリだし、GREEやMobageで、ソーシャルゲームとして楽しむ知り合いとかも増えているものね。なるほど頷ける数字なのかもしれない。

まあこの不景気の中で、成長できてるってことはスゴいと思うし、そこに自分がほんの少しでも絡んでいると思うと成長してることも嬉しく思えたりするね。GREEやmobageは海外にもどんどん進出しているから、きっと「恋愛ゲーム」は世界中の女子の端末で遊ばれるようになるんだろうねえ。それってなんか先駆者みたいでちょっと気持ちイイかも♪


恋愛ゲームのススメ~陽子'sコラム

今さら恋愛ゲームのススメってのも変かもしれないんだけど、でも最近、恋愛ゲームができない、したことない…て後輩や友人に会う機会が何度かあって、恋愛ゲーム紹介サイトを運営しているワタシとしては書かずにいられなくなった…というか…^^;

その子たちが言うには、恋愛ゲームってハズカシイとか、テレちゃって登場男性キャラの台詞が読めない…んだって。まあ確かに現実に男子が同じセリフは、たぶん絶対に口にしないだろうし、もししても、こっちが対応に困ってしまうと思うのね。

だけど、そこで妙に現実と照らし合わせたりする必要はないと思うんだよね。だってさ、言われてる言葉は実はワタシ達が望んでる言葉でもあるわけで、心の奥底のどこかで憧れてるというか…。だからこそ、携帯やスマホの小さな画面ごしにでも言われると、思い切りテレちゃうんじゃないかなぁ。もし全然望んでいなければテレることもないと思うんだよね。

一度やってみて欲しいのは、ボイス付きの恋愛ゲームをイヤホンで聞きながらプレイしてみて…。耳もとでちょ~いい声の声優さんが囁く甘甘ボイスにキュンとなるハズ…。イヤホンだから他の誰にも聞かれないから、周囲を気にせず自分だけの世界に没頭できる環境で聞くボイスはちょっと麻薬のようだよ(笑)。

テレるってのは、ある側面では周囲に対する恥ずかしさ…ってところもあるから、周囲との関係性を遮断した状態でゲームに没頭すると、今までとは違った世界に踏み込んじゃう感じ…かな。

恋愛ゲームメーカーのボルテージが、ゲーム内の男性キャラを「ベツカレ」って呼んでるじゃない?あれってすごくピッタリな言葉だと思うのね。つまり「ベツカレ」は、「別世界のカレシ」ってワタシは理解しているの。ボルテージさんがどういう意図でベツカレと付けたか知らないけれど。。。

別世界のことなんだから、現実の世界と比べる必要はないし、逆にゲームの中で起こったことを現実の男子に求めるのもどうかと思うけど、別世界には別世界の楽しみ方…ってのがあると思うので、恋愛ゲームを起動したらその世界に没頭することをお勧めシマス…、そして、是非イヤホンで!!(笑)


パソコンでご覧の方へ

当サイトは、iPhone/Android等のスマートフォン端末で利用可能なアプリやゲームをご紹介しています。 上記に掲載のゲームアプリはお手持ちのスマホ端末で楽しむことができます。

iPhone/Android等のスマートフォン端末でアクセスしてご利用ください。
下記のQRコードを読み取ると、このページにiOS/Android端末でアクセスできます。

恋愛ゲーム
[mail]