本ページではパチンコメーカー「平和」のAndroid向け公式サイト~「平和アプリDX」をご紹介します。 Android端末で楽しめる平和のオフィシャルサイトで、Docomo/au/Softbankの公式サイトになっています。人気の麻雀物語の風上三姉妹、戦国乙女、百花繚乱などの美少女パチンコ、美少女パチスロアプリを楽しむことができます。






[スポンサーリンク]

このページはPC/タブレット/スマートフォン共通です
▽本ページにアクセスできるQRコードはコチラ

平和アプリDX 配信アプリ



株式会社平和とは?

株式会社平和は、東京都台東区に本社を置くパチンコ・パチスロメーカーで、1960年9月創業、1991年に東証一部に上場。元々は創業者が群馬県桐生において「平和商会」の名でパチンコ機の製造及び販売を始めたことに端を発する。2005年には自社製造のパチスロ機を販売開始した。ちなみに「オリンピア」は系列会社。

平和は、他社にさきがけて技術開発や電子化を推進し、そのパチンコ機は、業界を20兆円規模の一台産業に押し上げると共に、同社が業界の盟主として業界トップシェアを誇っていた名門である。

京楽などでも様々な分野のキャラクターとのタイアップ機が目玉機種になることが多いが、平和では「アントニオ猪木」「ルパン三世」などの強力なキャラクターを保持している一方、古くからのメーカーだけに「業界初」の搭載を誇る機種を持っているのも魅力の一つ~「初のデジパチ」「初の羽根モノ」「初の液晶表示」「初のカラー液晶」「初の64ビットCPU」「初の3DCG演出」など枚挙に暇がない。

2007年8月には、オリンピアの株式を株式交換方式により完全子会社化したが、実質的には、逆にオリンピアが平和を買収した形になっており、現在に至る。

アプリに関しては、どちらかと言うと軸足をAndroidに置いているようで、配信数も、新アプリ配信もAndroidストアの方が重視されているように感じるのは残念なところ。

ドコモiPhoneも比較的大きなセールスを達成しているようなので、ぜひiOSアプリの拡充を切望したいところです。


平和のタイアップキャラクター

同じパチンコ・パチスロメーカーでも、アニメやドラマなどの人気キャラクターとのタイアップ機種に積極的なメーカーと、そうでないメーカーがあります。

そうでないメーカーの中には、アニメやドラマなど他社コンテンツとのタイアップを避け、自社でオリジナルキャラクターを持っているメーカーもあります。

平和はかなりアニメキャラとのタイアップに積極的なメーカーの部類で、「アントニオ猪木」「ルパン三世」「タイムボカンシリーズ」など長年に渡って採用・タイアップしているビッグネームを数多く抱えています。

また、最近では「戦国乙女」や「麻雀物語」の風上三姉妹、百花繚乱など、美少女系キャラにも力を入れており、平和パチンコの1つのカラーとなりつつある。


平和とオリンピア

平和とオリンピアの関係ってちょっと分かりにくいですよね。まあどっちがどうでも、実機やアプリで楽しめればいいんですけどね…。

平和は、1949年にパチンコ機の製造・販売を開始した会社です。オリンピアの社歴は平和よりずっと若く、1986年に最初のパチスロ機「スターダスト」を製造しました。

平和とオリンピアが関係を持つのは2000年で、資本提携を結び、それ以降オリンピアは平和が販売するパチスロ機の開発を中心に行うようになります。

2006年には、オリンピア製造平和販売のためのブランド「平和BROS」を設立しますが、同年、フィールズとの業務提携に合わせ「GOLDオリンピア」に改称、さらにオリンピア製造オーイズミ販売のブランド「オーイズミNEO」を新設するなど、平和との提携にも積極的に動いています。

2007年8月1日、オリンピアの株式を平和が取得し完全子会社化し、オリンピアの筆頭株主だった㈱石原ホールディングスが、平和の株主、㈱中島ホールディングス等から株式を取得、平和の筆頭株主となりました。

表面的には平和がオリンピアの株を取得して完全子会社化していますが、平和の筆頭株主が、オリンピアの筆頭株主である㈱石原ホールディングスになったことで、実質的にはオリンピアが平和を買収したことになり、現在でもその形を維持しています。

2009年には、オリンピアの営業・販売部門を平和に分割譲渡し、この時以降、パチンコ機の製造・販売は行われていません(オリンピアはパチスロ機のみ製造・販売)。

その後は、2010年オリンピアの「CR元祖!大江戸桜吹雪」の後継機「CR元祖!大江戸桜吹雪2」が平和から発売されたり、逆に、平和のパチスロの看板機種アントニオ猪木シリーズの「アントニオ猪木が元気にするパチスロ機」がオリンピアから発売されるなど、ますます分からない状況になっているようです。


平和アプリDX

平和の人気機種「CRアントニオ猪木という名のパチンコ機」に因んだタイトルにしてみました^^

株式会社平和は、東京都台東区に本社を置くパチンコ・パチスロメーカーで、1960年9月創業、1991年に東証一部に上場。元々は創業者が群馬県桐生において「平和商会」の名でパチンコ機の製造及び販売を始めたことに端を発する。2005年には自社製造のパチスロ機を販売開始した。ちなみに「オリンピア」は系列会社。

平和は、他社にさきがけて技術開発や電子化を推進し、そのパチンコ機は、業界を20兆円規模の一台産業に押し上げると共に、同社が業界の盟主として業界トップシェアを誇っていた名門である。

京楽などでも様々な分野のキャラクターとのタイアップ機が目玉機種になることが多いが、平和では「アントニオ猪木」「ルパン三世」などの強力なキャラクターを保持している一方、古くからのメーカーだけに「業界初」の搭載を誇る機種を持っているのも魅力の一つ~「初のデジパチ」「初の羽根モノ」「初の液晶表示」「初のカラー液晶」「初の64ビットCPU」「初の3DCG演出」など枚挙に暇がない。

2007年8月には、オリンピアの株式を株式交換方式により完全子会社化したが、実質的には、逆にオリンピアが平和を買収した形になっており、現在に至る。



パソコンでご覧の方へ

当サイトは、iPhone/Android等のiOS端末で利用可能なアプリやゲームをご紹介しています。上記に掲載のゲームアプリはお手持ちのiOS端末で楽しむことができます。

iOS/Android端末でアクセスしてご利用ください。
下記のQRコードを読み取ると、このページにiOS/Android端末でアクセスできます。


[URLをメールで送信する]